道のエコミュージアム・東海道駿河2峠6宿 駿河歩人(するがあいんど) 英語  中国語  韓国語
メールを送る
 
トップページ道のエコミュージアム東海道と宿場の豆知識2峠6宿ナビ情報ウォーキングコースPDF活動状況駿河2峠6宿のあれこれ
2峠6宿蒲原宿由比宿薩た峠興津宿江尻宿府中宿丸子宿宇津ノ谷峠駿河歩人の旅案内人 十辺舎一九


トップページ > 2峠6宿ナビ(蒲原宿) > 2峠6宿小話(蒲原宿)

蒲原宿 〜格子戸が並ぶ町並みに旧東海道の面影が残る〜

蒲原宿

 東海道57次の15番目の宿場。なまこ壁、格子のある家やクラシカルな洋館などが連なり、まち並み保存などのまちづくりの住民活動も盛んで、ゆったり散策したくなる町です。
東海道53次のなかで特に傑作といわれている「蒲原夜之雪」の舞台でもあります。
≫2峠6宿小話
(蒲原宿)


広重の蒲原宿

■見所
  蒲原宿は、鎌倉幕府のもと整えられ宿駅の一つです。江戸時代には日本橋から15番目の宿場町。天保14年(1843年)には本陣は1軒、脇本陣は2軒、旅籠が45軒、宿内家数509軒、人口は2480人で栄えた宿場でした。
蒲原宿の風景を天才浮世絵師・安東広重は、東海道五十三次のなか唯一雪の風景、しかも夜を印象的に描いています。
また、この宿の醍醐味はなんといってもの町並み! 国登録有形文化財の志田邸、旧五十嵐歯科医院をはじめ、旅籠、商家、名主の住宅などが残っています。
見どころのポイントには現地に詳しい説明板は設けられています。

見所の写真

pdfファイル 東海道2峠6宿 蒲原宿パンフレットのダウンロード


YouTube動画にて紹介しています

東海道15番目の宿場「蒲原宿」
蒲原宿に残されている様々な文化財を紹介
東海道 山部赤人がうたった「田子の浦ゆ 打ち出でてみれば~」は蒲原宿
山部赤人が詠んだ歌の景色
東海道 富士川~蒲原宿西木戸
タイムラプスで旧東海道を紹介

ページの先頭へ戻る

■アクセス
  • JR
    静岡駅からJR東海道本線上りで27分「新蒲原駅」下車
    富士駅からJR東海道本線下りで7分「新蒲原駅」下車
    ※上下線とも日中は約10〜15分間隔で運行しています。
  • 徒歩
    新蒲原駅から情報拠点(志太邸)までは徒歩約7分
  • バス
    由比・蒲原病院線自主運行バスのみ運行しています。
    ※平日は6本、土日祝は2本運行
    自主運行バスルート・時刻表
    https://www.city.shizuoka.lg.jp/000_004649_00002.html

情報拠点

■情報拠点:旧五十嵐歯科医院
開館時間/9:30〜16:30(11月〜2月は16:00まで)
休館日/月曜(祝日の場合は翌日)、年末年始

情報拠点: 旧五十嵐邸

案内人

■案内人
木屋江戸資料館
静岡市清水区蒲原2-2-30
電話/054-385-3441

十辺舎一九

■おすすめのコース
江戸の宿場には、見つけや木戸を設けて入り口としていました。
蒲原宿には、当時の町割と木戸の位置がしっかり残っています。
木戸内(626間、約1.15km)を、当時の宿場の面影を五感と創造力で歩くコースです。

●宿場マップはこちら!


ページの先頭へ戻る

 
Copyright(c)静岡二峠六宿街道観光協議会